結婚指輪の準備期間について

結婚指輪はジュエリーショップに行ってすぐに持ち帰ることはできません。

通常、結婚指輪の内側に結婚した日付やイニシャルを刻印してもらうので、数か月余裕をもって準備しておかなければならないのです。

【婚約指輪の準備は】

婚約指輪はプロポーズの時に渡すか、結納や両家の顔合わせの時に渡すことが多いですね。

ですからその3か月くらい前から準備に取り掛かると余裕をもって準備ができるでしょう。

例えば彼女の誕生日にプロポーズをしようと思ったら、その3か月くらい前から婚約指輪の準備を始めるのです。

【結婚指輪の準備は】

では、結婚指輪はいつ頃準備すれば良いのでしょう。

結婚指輪は結婚式の時に指輪の交換をしますから、その2か月から6か月前くらいに準備し始めると良いでしょう。

結婚式の3か月くらい前になると、他の準備に忙しくなるため、早めに準備しておくことをおすすめします。

【刻印も決めておこう】

指輪の内側の刻印は基本的に自由ですが、何文字以上になると追加料金などが必要になることがあります。

また複雑なものを依頼すると時間がかかりますので、その場合は余裕をもって注文する方が良いでしょう。

結婚式に間に合わなかったら交換の儀式ができませんのでそれは困りますよね。

婚約指輪を買う時に一緒に結婚指輪も買っておけば良いかもしれませんね。

ショップによっては婚約指輪と結婚指輪を一緒に買うと割引してくれるところもありますのでぜひ検討してみてください。

2月
2

Comments are closed.